親戚への結婚報告は

親戚へする結婚の報告

親戚への結婚報告はどうするか

結婚することが決まったとき、まずはそれぞれの両親に報告しますが、それ以外の親戚にはどう伝えたらよいか悩む方は多いと思います。結婚式に参列してもらうことを考えるならば早めに伝えるべきですが、あまり大げさにもしたくない場合、おすすめなのが年賀状や暑中見舞いのタイミングを利用することです。挨拶のついでであれば、伝えても重たくなりません。式の時期が決まっていれば、概要と参列してほしい旨も書き添えるとよいでしょう。電話で伝えるという方法もありますが、相手の都合を考慮しなければなりませんし、書面の方がかしこまった形になります。

報告は失礼のないよう気を付ける

両家の両親に結婚の挨拶に行くのは誰でも緊張する一大イベントです。しかし、その両親にばかり気を遣ってしまい、その他の親族への報告を怠ってトラブルになるケースも少なくはありません。両親だけが家族ではありません。結婚の許可を両親からもらうことができた後は、必ずお互いの兄弟や近しい親族には連絡をするようにしましょう。一番いいのは直接挨拶に伺うのが良いのですが、遠方に住んでいてなかなか会う機会がない場合などは手紙や電話などで連絡しましょう。この報告をしているかしていないかで今後より円満な関係を築きやすくなります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 親にする結婚報告の方法 All rights reserved